チュータ型・環境型を統合した知的教育システム

教育システムは次の2つの型に大別できるとされ、別々に構築されることがほとんどでした。

  • (1)システムが学習者に知識を教え込む「チュータ型」。
  • (2)学習者が自由に操作できる環境(計算機内の仮想実験室など)を与えて、学習者に自ら知識を獲得させる「環境型」。

しかし我々は、これら2つの型のシステムが統合され、相互に協力しあうことでよりよい教育ができると考えています。そこで本研究では高校化学を対象として、統合型知的教育システムの構築を目指します。

研究メンバー

        • 伊東 幸宏(Yukihiro Itoh)学長
        • 小西 達裕(Tatsuhiro Konishi)教授
        • 飯塚 大輔(Daisuke Iiduka), 2009.4〜
        • 鈴木 純一 (Jun-ichi Suzuki), 2010.4〜
        • 岡田 泰明(Yoshiaki Okada), 2007.4〜2010.3
        • 小網 悦識(Etsushi Koami), 2008.4〜2009.3
        • 南光 亮祐(Ryosuke Nanko), 2006.4〜2009.3
        • 上田 徹(Toru Ueda), 2005.4〜2008.3
        • 井嶋 那奈(Nana Ishima), 2004.4〜2007.3
        • 本明 卓也(Takuya Honmei), 2003.4〜?
        • 林 勝義(Katsuyoshi Hayashi), 2002.4〜2003.3
        • 行本 諭(Satoshi Yukimoto), 2001.4〜2004.3
        • 井上 ゆかり(Yukari Inoue), 2000.4〜2001.3
        • 吉川 清士(Kiyoshi Yoshikawa), 1999.4〜2002.3
        • 高橋 勇(Isamu Takahashi),?

 

発表論文

    • 論文が必要な方は,以下のメールアドレスにてお問い合わせください.

 

論文誌

      • 高橋勇,小西達裕,伊東幸宏:
        化学実験を題材としたマイクロワールド型教育システムにおけるプランニングとプラン認識を利用したアドバイス生成,
        人工知能学会論文誌,Vol.16,No.1,pp.63-73 (2001.1)

      • 高橋勇,小西達裕,伊東幸宏:
        高校化学を対象とするマイクロワールドにおける学習者モデルの構築方法,
        人工知能学会論文誌,Vol.16,No.6,pp.483-492(2001.11)


国際会議

      • D. IIZUKA, T. KONISHI, Y. ITOH:
        "Generator of Related Problem Sets for Intelligent Practice Supporting System",
        Proceeding of ICCE2011, pp.91-95, 2011.12.
      • T.Konishi,Y.Okada, D.Iizuka, Y.Itoh:
        “Development of an Intelligent Practice Supporting System for High
        School Chemistry”,
        Proceeding of ICCE2010, pp.66-70, 2010.12.
      • Y.Okada, T.Konishi, Y.Itoh:
        “Explanation Generator based on Themes of Exercises and Learner Model in ITS for High School Chemistry”,
        Proceeding of ICCE2009, pp.137-141 (2009.12).
      • R.Nanko, Y.Okada, T.Konishi, Y.Itoh: “Constructing Intelligent Virtual Laboratory for High School Chemistry to support Learners' consideration”,
        Proceeding of ICCE2008,pp.105-109,2008.
      • T.Ueda, R.Nanko, T. Konishi, Y. Itoh: “Extension of Problem Solving System for Intelligent Educational System of High School Chemistry”,
        ICCE2007,Supplementary Proceedings:Poster,pp.49-50,2007.
      • T.Ueda, R.Nanko, T. Konishi, Y. Itoh: “Representaion of Chemical World Model and Problem Solving Process for Intelligent Educational System of High School Chemistry”,
        ICCE2007,Supplementary Proceedings:WS/DSC Vol.1,pp.117-122,2007.
      • N.Ishima,T.Ueda,T. Konishi, Y. Itoh: “Developing a Practical Domain Knowledge Base and Problem Solving System for Intelligent Educational System of High School Chemistry”, Proceeding of ICCE2006,pp.115-118,2006.
      • N.Ishima,T.Ueda,T. Konishi, Y. Itoh: “Developing Problem Representation Knowledge Representation and Problem Solving System for Intelligent Educational System of High School Chemistry”, Proceeding of ICCE2006workshop,pp.41-48,2006.
      • Satoshi Yukimoto, Katsuyoshi Hayashi, Tatsuhiro Konishi, Yukihiro Itoh:"The Method to Construct an Intelligent Educational System with the Faculties of Assisting Reflection -for the Domain of High School Chemistry-", Proc. of International Conference on Computers in Education (ICCE 2003), pp.1252-1254 (2003.12)
      • S. Yukimoto, K. Yoshikawa, I. Takahashi, T. Konishi, Y. Itoh:”
        A method to support learning on structures of chemical substances for Intelligent Educational System of high school chemistry”,
        Proc. of Int’l Conf. On Comp. in Edu. ,pp.1455-1456(2002.12).
      • Kiyoshi Yoshikawa, Yukari Inoue, Isamu Takahashi, Tatsuhiro Konishi and Yukihiro Itoh:
        "An Intelligent Learning Environment for calculation exercises of high-school chemistry",
        Proc. of ICCE2001, pp. 1739-1740 (2001.11)

 

研究会

      • 上田 徹,井嶋 那奈,小西 達裕,伊東 幸宏: “高校化学を対象とした知的教育システムにおける問題解決処理機構の構築”,第49回 人工知能学会先進的学習科学と工学研究会(SIG-ALST),pp. 29-34 ,(2007.03).
      • 林勝義,行本諭,小西達裕,伊東幸宏:
        “振り返り支援機能を持つ知的教育支援システムの構築〜高校化学を題材として〜”,
        人工知能学会知的教育システム研究会資料,SIG-IES-A203, pp.89-94, (2003.3)
      • 吉川清士,行本諭,高橋勇,小西達裕,伊東幸宏:
        高校化学の知的教育環境における物質構造知識の取り扱いについて,
        人工知能学会知的教育システム研究会資料,SIG-IES-A103,pp.81-86 (2002.3)
      • 吉川清士,井上ゆかり,高橋勇,小西達裕,伊東幸宏:
        高校化学の計算問題演習におけるテキストとイメージを用いた学習支援
        教育システムi情報学会言語知識処理応用部会研究報告,pp.15-20 (2001.3)

 

全国大会

    • 飯塚大輔,小西達裕,伊東幸宏,
      “問題演習型知的教育支援システムにおける類題を用いた学習のための問題生成
      手法”,
      第35回教育システム情報学会全国大会,28-G1-4,pp. 489-490(2010.8)
    • 岡田 泰明,小西 達裕,伊東 幸宏:
      ”問題のテーマと学習者の理解度に応じた解法説明生成機構の構築〜高校化学を対象として〜”,
      教育システム情報学会第34回全国大会講演論文集,pp.390-391 (2009.8).
    • 南光 亮祐,小西 達裕,伊東 幸宏:
      高校化学を対象とした学習者の思考を促す仮想化学実験環境の構築,
      教育システム情報学会第33回全国大会講演論文集,pp256-257,(2008.9)
    • 行本諭,林勝義,小西達裕,伊東幸宏:
      “学習の振り返りをサポートする支援方法の提案と実装〜高校化学を対象とした知的教育システムを題材として〜”,
      教育システム情報学会第28回全国大会講演論文集,pp.273-274, (2003.8)
    • 行本諭,小西達裕,伊東幸宏:
      高校化学の物質構造分野を対象とする知的教育環境の構築,
      教育システム情報学会第27回全国大会講演論文集,pp161-162(2002.8)

著書

その他

    • 行本諭,小西達裕,伊東幸宏:
      “知的教育システムにおける学習振り返りの支援について〜高校化学を題材として〜”,~情報学ワークショップ2003(WiNF2003)論文集,pp.5-8, (2003.9)