日本語音声対話システムの構築

計算機とおしゃべりをして情報交換ができる。そんな計算機を作ろうとすると、音声認識から形態素解析・構文解析・意味解析までを連続した処理系として設計構築しておく必要があります。特に、どんな言い方をされても同じ意味のことは同じ意味だとわかる仕組みが必要です。
本研究は、学外の組織と連携をとりながら、日本語解析のための基盤システムの構築を目指しています。意味処理の基盤の構築、対話の制御方式の検討などを行う予定です。

研究メンバー

    • 学内
      • 伊東 幸宏(Yukihiro Itoh)学長
      • 小西 達裕(Tatsuhiro Konishi)教授
      • 近藤 真(Makoto Kondo)教授
      • 小暮 悟(Satoru Kogure)講師
      • 野口 靖浩(Yasuhiro Noguchi)特任助教
    • 学生(在籍中)
      • 西巻 孝祥 (Takahiro Nishimaki), 2010.4〜
      • 望月 彩香(Ayaka Motizuki),2011.4〜
      • 池ヶ谷 健太
    • 学生(OB/OG)
      • 新村 清彦(Kiyohiko Shinmura),1999.4〜2001.3.
      • 柳原 寛永(Hironaga Yanagihara),1999.4〜2000.6.
      • 鈴木 夕紀子(Yukiko Suzuki),2001.4〜2004.3.
      • 相澤 真(Makoto Aizawa),2002.4〜2005.3.
      • 勝亦 健一(Katumata Kenichi),2003.4〜2005.3.
      • 繁田 佳宏(Yoshihiro Shigeta),2004.4〜2006.9.
      • 野畑 明宏(Akihiro Nobata),2004.4〜2007.3.
      • 池ヶ谷 有希(Yuki Ikegaya),2000.4〜2007.9.
      • 門畑 拓人(Tact Kadohata),2005.4〜2008.3.
      • 奥野 哲也 (Tetsuya Okuno), 2008.4〜2009.3
      • 秋枝 克実(Katsumi Akieda),2007.4〜2010.3
    • 学外
      • 高木 朗(Akira Takagi),(株)CSK,産総研サイバーアシスト研究センター
      • 中島 秀之(Hideyuki Nakashima), 産業技術総合研究所
      • 麻生 英樹(Hideki Asoh), 産業技術総合研究所
      • 三宅 芳雄(Yoshio Miyake)教授,中京大学
      • 今仁 生美(Ikumi Imani)教授,名古屋学院大学
      • 伊藤 敏彦(Toshihiko Itoh)助教授,北海道大学

発表論文

  • 論文が必要な方は,以下のメールアドレスにてお問い合わせください..
    address.png

論文誌

  • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 小暮悟, 近藤真, 麻生英樹, 小林一郎, 小西達裕, 高木朗, 伊東幸宏:
    "文脈への意味の位置付けを用いた対話システムとその評価",
    知能と情報(日本知能情報ファジィ学会誌),Vol.20, No.5, pp732-756, 2008.
  • 池ヶ谷 有希, 野口 靖浩, 小暮 悟, 伊藤 敏彦, 小西 達裕, 近藤 真, 麻生 英樹, 高木 朗, 伊東 幸宏:
    “対話文脈を利用した構文意味解析",
    人工知能学会論文誌, Vol.22, No.3, pp.291-310,2007.3.

国際会議

  • Y. Ikegaya, Y. Noguchi, Satoru Kogure, T. Konishi, M. Kondo, A. Hideki, A. Takagi, Y. Itoh, Integration of Dependency Analysis with Semantic Analysis Referring to the Context”,Proc. of PACLIC19 (to appear),2005.
  • Y. Noguchi, Y. Ikegaya, A.Takagi, H. Nakashima, T. Konishi, T. Itoh, M. Kondo, and Y. Itoh :
    "A Framework for Semantic Representations for a Natural Language Dialog System",
    Proceeding of SNLP-Oriental COCOSDA, pp.231-236, 2002.

研究会

    • 門畑拓人, 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 小暮悟, 近藤真, 小西達裕, 伊東幸宏:
      "単一節の解釈の曖昧性によるユーザ‐システム間の誤解に対処する対話制御の構築",
      第52回 人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会(SIG-SLUD),(2008.03).
    • 野口 靖浩, 池ヶ谷 有希, 小暮 悟, 近藤 真, 麻生 英樹, 小林 一郎, 小西 達裕, 高木 朗, 伊東 幸宏:
      "意味の位置付けによる意味解釈",
      人工知能学会 言語・音声理解と対話処理研究会, SIG-SLUD-A701-9, 2007
    • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 高木朗, 麻生英樹, 小林一郎, 小暮悟, 小西達裕, 伊東幸宏:
      "意味の位置付けを用いた複数節・複数文の解釈",
      人工知能学会全国大会21回大会「意味と理解のコンピューティング」 2G5-6, 2007.
    • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 高木朗, 麻生英樹, 小林一郎, 小暮悟, 小西達裕, 伊東幸宏:
      "構文意味解析における文脈の利用方法",
      人工知能学会全国大会21回大会「意味と理解のコンピューティング」 2G5-5, 2007.
    • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 高木朗, 麻生英樹, 小暮悟, 小西達裕, 近藤真, 伊東幸宏:
      "意味の位置づけを考慮した意味表現方式と依存関係の解釈",
      人工知能学会全国大会第20回大会「意味と理解のコンピューティング」1F3-01, 2006.
    • 野口靖浩, 相澤真, 池ヶ谷有希, 小暮悟, 近藤真, 麻生英樹, 小西達裕, 高木朗, 伊東幸宏:
      "依存構造を利用した意味の重ねあわせに基づく連体・連用修飾成分の意味解釈",
      人工知能学会研究会資料SIG-SLUD-A403-1, pp.1-6, 2005.
    • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 小暮悟, 近藤真,小西達裕, 高木朗,伊東幸宏:
      "文脈情報を利用した構文的曖昧性の解消 ",
      電子情報通信学会技術研究報告NLC2004-65, pp.55-60, 2004.
    • 野口靖浩, 相澤真, 池ヶ谷有希, 小暮悟, 近藤真, 麻生英樹, 小西達裕, 高木朗, 伊東幸宏: "依存構造を利用した意味の重ねあわせに基づく連体・連用修飾成分の意味解釈", 人工知能学会研究会資料SIG-SLUD-A403-1, pp.1-6, 2005.
    • 鈴木夕紀子, 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 伊藤敏彦, 小西達裕, 伊東幸宏, 高木朗:
      "モジュラリティの高い対話制御ルールの設計とその具体的な対話ドメインへの適用方法に関する研究",
      人工知能学会研究会資料SIG-SLUD-A303-12(3/5), pp.73-78, 2004.
    • 高木朗, 中島秀之, 伊東幸宏, 近藤真, 今仁生美, 三宅 芳雄,
      "文脈への意味の位置づけを重視した対話意味表現",
      人工知能学会研究会資料SIG-SLUD-A202-11 pp.55-62, 2002.
    • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 鈴木夕紀子, 伊藤敏彦, 小西達裕, 近藤真, 高木朗, 中島秀之, 伊東幸宏:
      "文脈への意味の位置付けに基づくホテル予約対話システムの構築",
      人工知能学会研究会資料SIG-SLUD-A202-11 pp.63-70, 2002.
    • 高木朗,中島秀之,麻生英樹,伊東幸宏,和泉憲明,片桐恭弘,白井克彦,
      "{JDT}:日本語対話システム構築用ツール群の開発プロジェクト",
      人工知能学会研究会資料SIG-SLUD-9902-4, 1999.

全国大会

    • 野口靖浩, 門畑拓人, 秋枝克実, 小暮悟, 小西達裕, 麻生英樹, 高木朗, 近藤真, 伊東幸宏:
      "単一節の解釈の曖昧性による誤解を避けるための対話制御の検討"
      人工知能学会全国大会第22回大会「意味と理解のコンピューティング」1F2-4, 2008
    • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 高木朗, 麻生英樹, 小林一郎, 小暮悟, 近藤真, 小西達裕, 伊東幸宏:
      "意味の位置付けを用いた複数節・複数文の解釈 ",
      人工知能学会全国大会第21回大会「意味と理解のコンピューティング」2G5-6, 2007
    • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 高木朗, 麻生英樹, 小林一郎, 小暮悟, 小西達裕, 近藤真, 伊東幸宏:
      "構文意味解析における文脈の利用方法",
      人工知能学会全国大会第21回大会「意味と理解のコンピューティング」2G5-5, 2007
    • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 高木朗, 麻生英樹, 小暮悟, 小西達裕, 近藤真, 伊東幸宏:
      "意味の位置づけを考慮した意味表現方式と依存関係の解釈",
      人工知能学会全国大会第20回大会「意味と理解のコンピューティング」1F3-01, 2006
    • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 高木朗, 麻生英樹, 小暮悟, 小西達裕, 近藤真, 伊東幸宏:
      "連体修飾・連用修飾成分間の対応関係による意味解釈とその評価",
      人工知能学会全国大会第19回大会 近未来チャレンジ:日常言語コンピューティング1B1-04, 2005
    • 池ヶ谷有希,野口靖浩,鈴木夕紀子,伊藤敏彦,小西達裕,近藤真,高木朗,中島秀之,伊東幸宏:
      "対話文脈を利用した構文・意味解析手法の検討 ",
      人工知能学会全国大会第18回大会 近未来チャレンジ:日常言語コンピューティング3E2- 10,2004.
    • 野口靖浩, 池ヶ谷有希, 鈴木夕紀子, 伊藤敏彦, 小西達裕, 近藤真, 高木朗, 中島秀之, 伊東幸宏:
      "対話文脈への入力文の意味の位置付け手法",
      人工知能学会全国大会第17回大会 知的インタフェース・対話モデル 1C1-05, 2003.
    • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 鈴木夕紀子, 伊藤敏彦, 小西達裕, 近藤真, 高木朗, 中島秀之, 伊東幸宏:
      "対話文脈への意味の位置付けを用いた対話システムの構築",
      人工知能学会全国大会第17回大会 近未来チャレンジ:日常言語コンピューティング3B1-05, 2003.

その他

    • 池ヶ谷有希,野口靖浩,小西達裕,近藤真,伊東幸宏:
      “文脈情報を利用した構造的曖昧性解消のアプローチ”
      情報学ワークショップ2004(WiNF2004)論文集 pp.70-73 (2004.9)
    • 池ヶ谷有希, 野口靖浩, 小西達裕, 伊藤敏彦, 近藤真, 高木朗, 中島秀之, 伊東幸宏 :
      "日本語対話システムにおける文脈への意味の位置付け可能な意味表現",
      電気関係学会東海支部連合大会 論文集, pp.246, 2002.
    • 新村清彦,柳原寛永,小西達裕,伊東幸宏:
      "日本語対話システムの構築",
      電気関係学会東海支部連合大会,774,pp.387, 2000.